真宗大谷派/東本願寺/浄土真宗  愛西市のお寺・寺院 西光寺
お檀家様の主な範囲は、津島市,弥富市,名古屋市,あま市,桑名市,稲沢市
【住所】〒496-0907 愛知県愛西市稲葉町本郷200番地

親鸞聖人の年表 | 愛知県愛西市稲葉町西光寺

親鸞聖人の年表


西暦  聖人年齢   出来事 
1173 1 親鸞聖人は5月21日(旧暦の4月1日)京都、日野にてご誕生になる。
1175 3 法然上人が善導の『観無量寿経疏』によって回心を体験し、専修念仏を奉ずる立場に進んで浄土宗を開く。
1176 4 お父さま(藤原有範と言われる)がご逝去。
1180 8 お母さま(吉光御前と言われる)がご逝去。
1181 9 親鸞聖人が9歳の時、慈円の下で出家得度され、比叡山天台宗の僧となる。
1182 10 恵信尼公がご誕生になる。
1191 19 磯長の聖徳太子廟に参籠した時、「おまえの命は、あと10年であろう」との聖徳太子の夢のお告げを受ける。
1198 26 赤山明神で不思議な女性と出会われる。
1198 26 関白九条兼実の要請によって、法然上人が『選択本願念仏集』を撰述される。
1200 28 大乗院で、如意輪観音の「解決出来る日は近い。私の任務も終ろうとしている」との夢告を受けられる。
1201 29 比叡山を下山され、六角堂に百日参籠される。その後、吉水の法然上人の下で信心決定され、弟子となられる。
1203 31 肉食妻帯を断行される
1204 32 法然上人が「七箇条制誡」をつくり、親鸞聖人はそれに「僧綽空」と署名される。
1205 33 法然上人より「選択本願念仏集」の書写を許される。
1206 34 三大諍論(「体失不体失往生の諍論」、「信行両座の諍論」、「信心同異の諍論」)
1207 35 承元の法難により、専修念仏禁止となり、親鸞聖人は越後にご流罪になる。また、法然上人は土佐へご流罪。住蓮房・安楽房、西意善綽房・性願房の四名は死罪となる。
1211 39 親鸞聖人の流罪が許される。
1212 40 法然上人がお亡くなりになる。
1214 42 上野国佐貫で浄土三部経の千部読誦を発願されるが、すぐに中止して常陸へ赴かれる。
1217 45 日野左衛門を済度される。
1221 49 山伏弁円が親鸞聖人を暗殺しようとするが失敗し、山伏弁円は親鸞聖人のお弟子となる。
1224 52 覚信尼公が御誕生になる。
1224 52 親鸞聖人は、「教行信証」のご執筆をほぼ終えられる。
1231 59 親鸞聖人は高い発熱で寝込まれた病床で浄土三部経読誦の夢を見られる。
1235 63 親鸞聖人はこの頃、関東から京都へおかえりになる。
1241 69 平太郎が熊野権現で霊夢を見る。
1248 76 親鸞聖人は、「浄土和讃」と「高僧和讃」を著作される。
1250 78 親鸞聖人は、「唯信鈔文意」を著作される。
1255 83 親鸞聖人は、「尊号真像銘文」「愚禿鈔」などを著作される。
1256 84 親鸞聖人は善鸞を義絶される。
1256 84 親鸞聖人は、「入出二門偈」「四十八誓願」などを著作される。
1257 85 親鸞聖人は、「正像末和讃」「一念多念文意」などを著作される。
1262 90 親鸞聖人は旧暦の11月28日に90歳で入滅される。

 

 


【仏教用語集】
お墓】現代のような墓石を使ったお墓が建てられ始めたのは江戸時代の元禄年間の頃である。ただ当時は権力者などが中心で一般の人々には縁遠いものでした。一般の人々がお墓を建てられるようになったのは、昭和の初期から戦後高度経済成長で人々が豊かになってからだと言われている。最近ではお墓の代わりに納骨堂自然葬(散骨樹木葬、海洋葬)なども見られる。またお墓を作るには、 墓地、埋葬等に関する法律及び墓地、埋葬等に関する法律施行規則に従い許可が必要となる。
納骨堂】納骨堂の歴史は古く奈良時代に発掘されたものの中にも見受けられる。当時は霊廟と言われ、墓石が江戸時代に誕生したのに比べ納骨堂の歴史はとても永く続いている。最近ではお墓の代わりとして自然葬(散骨樹木葬)とともに増加傾向にある。
寺院とは】、【 親鸞聖人とは】、【 蓮如上人とは】、【 自然葬とは】、【 散骨とは】、【 樹木葬とは
【本堂新築・鐘楼堂修復工事写真一覧】
写真履歴一覧】、【 本堂新築工事(2016年4月)】、【 本堂新築工事(2016年5月)】、【 第2回木材検査】、【 本堂新築工事(2016年6月)】、【 本堂新築工事(2016年7月)】、【 本堂新築工事(2016年8月)】、【 本堂新築工事(2016年9月)】、【 本堂新築工事(2016年10月)】、【 本堂新築工事(2016年11月)】、【 本堂新築工事(2016年12月)】、【 本堂新築工事(2017年1月)】、【 本堂新築工事(2017年2月)
【親鸞聖人の著作】
  「顕浄土真実教行証文類」(「教行信証」)、
  「浄土和讃」、「高僧和讃」、「正像末和讃」、
  「浄土文類聚鈔」、「愚禿鈔」、「入出二門偈」、「五会法事讃略抄」、
  「如来二種回向文」、「弥陀如来名号徳」、「三経往生文類」、「尊号真像銘文」、
  「一念多念証文」、「唯信鈔文意」、「親鸞聖人御消息」
【正依の経典・お経】仏説無量寿経(大経)、仏説観無量寿経(観経)、仏説阿弥陀経(小経)                       
【日本の主な仏教宗派】
法相宗(奈良仏教系) 道昭
律宗(奈良仏教系) 鑑真
華厳宗(奈良仏教系) 良弁
真言宗(密教系) 空海 弘法大師
天台宗(密教系) 最澄 伝教大師
日蓮宗(日蓮宗) 日蓮
浄土宗(浄土系) 法然
浄土真宗(浄土系) 親鸞
融通念仏宗(浄土系) 良忍
時宗(浄土系) 一遍
臨済宗(禅系) 栄西
曹洞宗(禅系) 道元
黄檗宗(禅系) 隠元